一般の歯科治療

黒くなっている虫歯は、治さないとだめですか?

黒くなっている虫歯でも、治さなくても大丈夫な場合があります。

当院の場合は、ダイアグノデントというレーザー光線で、虫歯の進行度を判定します。その上で、治療が必要であれば処置いたします。

CO 経過観察
虫歯初期の状態。
白濁や茶色に変色。削らないで再石灰化を促します。
当院では、CaやPの成分のペーストをご指導します。

C1 エナメル質だけ虫歯
治療の場合と経過観察の場合あり。
当院では、レーザー光線で虫歯の深さ測り、治療必要か客観的に診断します。

C2 象牙質まで虫歯
しみる、痛みなど自覚症状あり。
当院では、ドックベストセメントで神経を残す治療もできます。

C3 虫歯が神経まで進行
激しい痛み、ひどくなると神経が腐って死んでしまいます。
レーザーも併用し、神経をとる治療します。

C4 歯の神経が死んで、歯の根っこだけになる
レントゲンやCTで歯を残せるか診断します。

歯は、削る回数が多くなるほどもろくなってしまいます。なるべく神経を残す治療に力を入れています。