当院では、睡眠時無呼吸症候群の認定医が治療いたします。

睡眠時無呼吸症候群は、寝ると下の顎が後ろに下がり気道を閉鎖することで起こります。患者様に合った顎を前に出す位置を決め、マウスピース(ソムノデント)を作ります。

装置を入れて「熟睡できるようになった」との声もあります。
装置だけでなく、舌の筋肉をつけたり口呼吸を鼻呼吸にしていく治療もしていきます。